So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

PSストアでロト三部作が配信決定(ⅠとⅡは配信済み) [PlayStation4]

今日まで知らなかったのですが、ドラクエのロト三部作がPS4向けにPSストアで配信されるとのこと。
すでにドラクエⅠ&Ⅱは配信済みで、ドラクエⅢは後日配信のようです。

ファミコンで発売されたころはホントに寝る間も惜しんでやっていました。
昔のやつ、大好きだし欲しくなるなぁ。
特にⅢはクリアしたときの達成感が大きくて今でもエンディングを覚えています。
RPGを好きになったキッカケかもしれません。
タグ:PlayStation4
nice!(1)  コメント(0) 

二ノ国Ⅱの発売日が決定! [PlayStation4]

発売されることが発表され、いつが発売日かとすごく気になっていた二ノ国Ⅱ レヴァナントキングダムついに発売日が決まったようです。
年明け、2018年1月19日!
楽しみですね。

すでにPlayStation Storeでは予約が始まりました。
通常版でも以下の特典が付くようです。
【予約特典】
・スペシャルソードセット
- 『スチームブレード』
- 『妖精の剣』
- 『蛮勇の剣』
- 『マーメイドレイピア』
- 『サムライブレード』

早速、予約しなきゃですね。




nice!(1)  コメント(0) 

KNACK ふたりの英雄と古代兵団を予約 [PlayStation4]

PlayStation4本体の初回盤というか、FirstLimitedPackについてきたKNACK
その続編が発売されるということで、いつ発売かとワクワクしながら待っていました。
ついに!9月28日に発売されることになり、予約受付も開始されています。

今回は、ソニー銀行のVisaデビットを作ったときにもらった残高を使いたかったので、PlayStationストアで予約です。

Amazonでも予約が始まっていますね。


タグ:PlayStation4

ラジオボイスレコーダーでラジオを聞いてみました。 [家電]

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)


お散歩に、ロジテックラジオボイスレコーダーを持ち出し、外で聞いてみました。
DSC07389.jpg

アンテナにも使うヘッドフォンは、普段はiPodに使っているヤツをさして聞いてみました。

あらかじめ、チャンネルを登録しておきそれを選択して聞きます。
FMならではの透き通った感じの音でバッチリですね。

この状態で、録音ボタンを押すと、それだけの操作で聞いている局を録音してくれます。
これは便利!
DSC07389.jpg
周波数の下に黒丸があり、録音した時間も表示されていますね。

ロジテック ラジオボイスレコーダー [家電]

この記事はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、商品の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)


ロジテックさんのラジオボイスレコーダー、LRT-FMVR01BKをレビューさせていただく機会をもらいました。
コンパクトで、胸ポケットにもすぽっと入ります。
製品紹介ページはこちら。

本体はコンパクトなので、箱もコンパクト。
DSC06519.jpg
DSC06521.jpg

冊子はこちら。
クイックガイドと、きちんとしたマニュアルが付属しています。
最近はいろんなものがマニュアルを省く傾向にありますが、こうやってきちんとあると見ながら操作を覚えていけるので、やっぱりあったほうがいいですね。
DSC06523.jpg
DSC06524.jpg

本体と付属品がこちら。
本体・USBケーブル・ヘッドホン・電池です。
DSC06525.jpg

袋から出してみました。
DSC06527.jpg

本体を正面から。
暗かったですね。。
DSC06528.jpg

本体左側。
DSC06529.jpg

本体右側。
DSC06530.jpg

上面。ストラップホールもあります。
ヘッドホンが、アンテナも兼ねるようです。
DSC06531.jpg

本体正面のディスプレイ部とボタン類のアップ。
クキクキとしたクリック感が心地いいです。
DSC06532.jpg

本体右側のMicroSDカードの差し込み口。
記録媒体が小さくなってホントに便利ですね。
DSC06534.jpg

とっても直線的なデザインで、こういうの好きです。

でもポケットに入れていると角が当たってしまうような気もしますね。

今度は、実際に使ってみたところをレビューしたいと思います。

Horizon Zero Dawnでプラチナトロフィー [PlayStation4]

少しずつ少しずつ進めていたHorizon Zero Dawnですが、ついに!
クリアしました。

途中、レベルが足りずしばらくレベル上げをしようと横道にそれてしまいましたがそのおかげでサブクエストなども全部クリアしてしまい、メインクエストのクリアとともにプラチナトロフィーをゲット。

このゲームは本当に面白かったです。
会社を休んでまでやっていたかったゲームは何年ぶりだろう?

グラフィックもキレイですが、強敵を倒したときの爽快感がたまらない。
最初はかなわなくても攻撃のやり方を変えたりして勝てたときが気持ちいい!

クリアしましたが、もうしばらくはこのゲームで楽しませてもらおうかと思います。


DVD Architect 7でDVDオーサリング [PC]

vegas pro 14には、Vegas DVD Architect 7というDVDのオーサリングソフトもセットになっています。

だから、vegas pro 14があるとvegas pro 14 editで動画編集、DVD Architect 7でDVDに。と、ひとつのセットで完結する感じですね。

DVD Architect 7が起動した画面はこんな感じです。
これだけ見ると、ちょっととっつきにくいかもしれません。
DVD_ss1.jpg

でも、このソフトには便利な機能があって、チュートリアルが実際に行う操作を分かりやすく教えてくれます。
ヘルプから、操作手順チュートリアルを選択。
DVD_ss2.jpg

チュートリアルのトップ画面が開きます。
この画面では”プロジェクトを作成する方法”が選択された状態。
DVD_ss3.jpg

解説が表示され、”次へ”のボタンをクリックするとチュートリアルが始まります。
DVD_ss4.jpg

左上にオレンジの枠が見えますが、これが実際に画面を移動して、次に行う操作を教えてくれる感じです。
DVD_ss5.jpg

オレンジの枠が移動しています。
DVD_ss6.jpg

こうやって、チュートリアルが親切に作ってあるため、最初は分かりづらく感じる操作も少しずつ覚えていくことができそうですね。

今月いっぱいは85%オフで販売されています。
これは、安く買えるチャンスかも。。
Sony Vegas Pro ソニーのソフトは、ソースネクストで

動画の手振れ補正 [PC]

vegas pro 14には、Mercalli V4という手振れを補正してくれるプラグインがあるのですが、どんな感じか試してみました。

去年の5月に新宿のユニカビジョンで公開されてたTUBEの動画をビデオカメラで録った動画で試してみます。

左上が補正をかけたもので、右下が録ったものそのままです。
あまり変わらないかなぁ?



ビデオカメラ側の手振れ補正はoffにして録って、もっかい確認してみよう。

今回、やってみて思ったのですがやっぱりPCが非力・・・
たった6分の動画を作るのに1時間くらいかかってしまいました。
そろそろ買い換えたいですねぇ。

Sony Vegas Pro ソニーのソフトは、ソースネクストで

vegas pro 14で動画編集 [PC]

ソースネクストさんより発売されている、映像編集用ソフトのvegas pro 14

このソフトを使い、レビューを書かせていただく機会を得ました。
すごく機能が豊富ですが、現在はキャンペーンでとても安くなっています。
http://www.sourcenext.com/product/sony/vegaspro/

vegas pro 14という名前ですが、機能ごとにいくつかに分かれています。
僕のレビュー対象はvegas pro 14で、これには、
vegas pro 14 Editという動画を編集するソフトと、
DVDやブルーレイディスクにするためのオーサリングソフトである
vegas DVD Architectというソフトがセットになったもの。
さらに、手振れなどを補正してくれる、Mercalli V4というソフトがプラグイン形式で同梱されていました。

やれることが多すぎて、ソフトすべてのレビューにしようとするとひとつの記事が膨大になりすぎるので、今回はvegas pro 14 Editで超基本的な動画編集をレビューしてみたいと思います。

まずは起動画面。
左上にエクスプローラーのようにフォルダが表示されており、ここからフォルダを選択・すぐ右の部分にファイルが表示されます。
ss_1.jpg

ファイルをダブルクリックすると、タイムライン上に追加されます。
ss_2.jpg

もうひとつ追加してみました。
こちらのファイルは音声もあるため、タイムライン上には音声を表す部分も追加されています。
ss_3.jpg

不要な部分をトリムで切り取り、
ss_4.jpg

いっこめのファイルの末尾にくっつけます。
ここでは、トランジションも選択して、いっこめとふたつめの間に挿入しています。
ss_5.jpg

そしてレンダリング。
レンダリングを行うことで、編集した動画を完成品として書き出します。
ss_6.jpg

次の画面で書き出す形式を選択することができます。
選択後、レンダリングのボタンをクリックするとレンダリング開始。
ss_7.jpg

完成した動画がこちらです。


ここまでは10分程度でできました。
ありとあらゆる機能があるため、使いこなすのは難しいですが、どんどんきわめていけばすごい動画が作れそうですね。

Sony Vegas Pro ソニーのソフトは、ソースネクストで

Birthdays the Beginning(体験版) [PlayStation4]

Birthdays the Beginningというゲームが1月に発売されたのですが、紹介文によると、
~本作は1から地形を形作り、古代植物や恐竜、果ては人類まで
多種多様な生物を自らの手で誕生させていく「いのちをうみだすみんなのハコニワ」ゲームです。
どんな生物が誕生し、発展していくかはあなた次第!
新感覚のライフシミュレーションゲーム「Birthdays the Beginning」で
自分だけの特別なハコニワを誕生させましょう!~
とのこと。

この手のゲームは好きなジャンル。
発売されたころはすでにHorizon Zero Dawnを予約していたのでガマンしていたのですが、いつの間にか体験版が配信されていました。
ダウンロードしてやってみたところ、やっぱり面白い。

チュートリアルでは、なんにもない陸地だけから海を作り、プランクトンを発生させ、それを進化させ、と進めていく感じでした。
ある程度、進んだところで自由にプレイできるようになり、進化をさせるための種や突然変異をさせるための種を手に入れれるのでそれを使い生物を増やしていきます。
どんな生物が生まれるかと、いろいろ試し、何度か絶滅もさせながら進めていきました。
あれこれと試して、その結果がとても面白かったです。

Horizonをクリアしたら買ってみようかな。


前の10件 | -